Promoter Image

Betsy Waters

COLORADO SPRINGS, CO
他のプロモーターの検索
プロモーターの選択
LIMU Logo
次の体験談へ

私の名前は、ブレント・パーマ―です。これは私のリム体験談です。

転職したばかりの6年前、リムを紹介されました。転職で減給となり片道45分かけて通勤し、妻や子供達と過ごす時間を失いました。数ヶ月前からずっと良いことが起こるように祈り続けていた想いがリムという形で叶いました。友人の義兄が何か見せたいものがあると言うので、いやいやながら友人の家に行きました。妻には帰宅途中に友人の家に寄ることを電話で伝えました。私の住む地域では斬新のビジネスでしたが話には全く興味がなく、家の裏口からこっそり抜け出してすぐに帰りました。

神様に感謝します、私が目にしたものはその時から頭から離れませんでした。安い投資費用、チームを作って活動することは、私の住む地域では斬新なチャンスでした、

減給と退職金のカット、保険代が値上がりする現実に悩まされ、その一方で9歳と5歳の子供ともっと一緒に過ごしたいと願っていました。息子がボールで遊ぶ姿や、娘がバレーを踊るのを見るのが大好きでした。しかし、教師の給料では生活を送ることがやっとです。

私達が退職する頃には、子供達は大学生になっています。そうです、現実に退職できることは、選択肢にはないのです。退職後もどこかで働かなければなりません。妻にリムのことを話し、調べました。数日後、私達にはこれが必要だと決断しました。

リーダーから、チームワークを通じてビジネスを構築し、パートタイムとしてでも良い収入を得られると言われました。

ここが一番聞きたかったことです。私は以前フットボールのコーチだったので、チームワークやチーム作りについては熟知しています、商品が研究された通りに成果が出れば事業は軌道に乗ると思いました。

1月、私達はリムを始め、自分達のチームを作り始めました。すごいことが起こりました!60日目で私達は20kランクに達し、リムBMWクラブの資格をもらいました。私達は、参加した時、20kランクに達成するのに8~12ケ月かかると思っていたので、とても驚きました。十分な給料を稼ぎ始め、今まで乗っていた古い車も売りました。

翌月は、やっと20kを維持しましたがビジネスを始めて約4ヶ月で50kに達し、収入は増え、カリブ海クルーズへ招待されました。今まで一度もクルーズへ行ったことがなく、とてもうれしかったです。50kに達すると、リムの月払いボーナスは、私の給料の1ヶ月分以上でした、私は、大金を手にしていることに気付きました。

また、私はこのビジネスについてもう一つ良いことに気づきました。多くの会社は“管理職は孤独 ”であるのに対して、この事業では、チームが一つとなり一緒に収入を得ていることです。

私の妻は、これはまさに聖書の教えのようだと言っています。人は常に人に感謝します。ビジネスを始めて5ヶ月半後、私たちは100kを記録し、10,000ドルのキャッシュボーナスを獲得しました。このランクを達成し、私達のリムに対する見方が変わりました。教会で、海外で多くの家族を助けることができました。人助けをしたいと思いこの事業を始めましたが、結果として目にしたことは想像以上 の素晴らしいものでした。

多くの現実からの刺激が私達をより一生懸命にさせ、16ヶ月後、夫婦で共に活動し500kを達成しました!これを機に本職の仕事を辞め、リムでの活動を決断したことは、私にとっては大きな転換期になりました。

子供達の教育に関わりたくて教育の世界に入りましたが、リムを通じて、教育者よりも多くの家族(子供を含め)を助けることができました。周囲の人は、私が待遇の良い終身雇用の地位を捨てるのはクレイジーだと思っていました。妻のアンと私は、大丈夫、何とかなると信じて思いきって、やりたいように行動しました。

リムを始めてからは、他の家族をより良い方向へ導くために、自分のコーチングスキルを使って国中を旅することができました。2、3ヶ月後、私達は750kを達成し、チーム傘下には、50k、100k、200k、300kが誕生し、お互いを褒めたたえました。自分達の生活が少しでも良くなればと始めた“こと”が、世界中の人々を助ける情熱に変わったのです。

教師の給料から収入アップになっただけではありません。この環境は、子供達に周囲が反対しても楽な環境から抜けだし自分の夢をおいかけて懸命に働くこと、成長することを教えています。

私達は、私生活を犠牲にしなければならない時でさえ、人々を助けることを学びました。私達の2人の子供は、大人になったらリムに携わりたいと願っています。

私はコーチをしていたので、コーチを辞めたとき、疾走感が私を苦しめました。私の妻のアンは、リムを始めることは、家族の関係を取り戻す方法だと考えました。リムは、私達のような小さな家族が一緒にできる、そしてゆくゆくは、この小さな家族は、大きなリムファミリーへと’変わる’’ことにとても感謝しています。

リムビジネスが軌道に乗り続け好結果を生み出してきたわけではありませんが、リムが私達家族に誇りを与え、私が残したいことへ導いてくれました。ゲリーやヘレン、リムを存続させてくれるすべての人達に感謝しています。

私達は、ブレントとアン・パーマ―、ウィアーリム!